Company Information技術・サービス提案書

検討中リスト一覧

二松学舎大学

検討中に追加

142年の伝統を基盤に 世界で活躍する人材を育成する

2つの新学科開設!教育の根幹は「国語力」

明治10年に漢学者三島中洲により創設され、漢学塾時代には夏目漱石や嘉納治五郎も学んだ二松学舎大学。142年にわたる歴史を礎に、世界に通じるコミュニケーション能力「国語力」を備えた社会に貢献する人材育成に力を入れています。2017年には文学部に都市文化デザイン学科を、翌年2018年には国際政治経済学部に国際経営学科を新設。伝統を踏まえながら、常に新しい時代を見据えた教育活動を展開しています。

  • 九段キャンパス1号館(東京都千代田区)
  • 九段2号館プレゼンテーションルーム
  • 九段1号館13階からの眺望

建学の精神・ビジョン・施設設備など

建学の理念は「己を修め人を治め一世に有用なる人物を養成する」「東洋の精神による人格の陶冶」。現代的解釈としては「日本に根ざした道徳心を基に、良質な知識と英語・中国語等語学力を身に付け、我が国の歴史と文化を理解し、かかる知識を背景として、よりよき社会を実現する目標を持って、グローバルに活動する逞しい人材」の育成です。創立140周年を機に、学校法人全体の進むべき方向性を示した長期ビジョン「N'2030Plan」を策定し、教職員一丸となった学園運営を行っています。東京の中心・千代田区に位置し、キャンパスには最新のプロジェクターやモニター等が設置された教室のほか学生のための学習・憩いのスペースが多く設けられています。

夏目漱石のアンドロイド「漱石アンドロイドについて」

二松学舎創立140周年事業として、国立大学法人大阪大学大学院基礎工学研究科と二松学舎大学大学院文学研究科で共同研究の協定を締結し、アンドロイド研究の第一人者である石黒浩大阪大学教授監修のもと、夏目房之介氏(漱石の孫)や朝日新聞社の協力を得て文豪・夏目漱石のアンドロイド(人型ロボット)「漱石アンドロイド」を制作。現在、大学や附属中学校・高校の学生生徒を対象に朗読授業を行うほか両大学で協力した心理実験の実施やアンドロイドの人格権等に関する研究を深めています。今回、この「ビジネスサミット2019」でも展示します。

キャリアサポート/卒業生就職状況

本学では、社会に通用する人間力を育てることを目的として「キャリア教育」という正課授業を設けています。キャリアセンターでは、学生の希望進路実現に向けてきめ細かいサポートを実現。卒業生の進路は様々で、公務員や金融機関、一般企業、小売りや卸売りなどビジネスの最前線に立つ営業職での採用も多いです。また、教員養成の歴史が長く、毎年多くの学生が全国各地に教員として巣立っていきます。

企業名 二松学舎大学
URL https://www.nishogakusha-u.ac.jp/
本社所在地 東京都千代田区三番町6番地16
創業日 明治10年10月10日
担当者名 企画財務部 副部長 島田 穂隆
担当者メールアドレス h-shimad@nishogakusha-u.ac.jp
担当者電話 03-3261-1298